6歳になりました


by lucyhana
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

発熱4日目

丸4日目。こんなに熱が続いたのは初めて。

昨日、虎ノ門病院から帰った後、具合が悪くてそのまま寝て、起きたら40度の熱。もう体が痛くて動かせない、と言った状況で、顔を真っ赤にしてか細く泣いていた。非常に辛そうだったので、医者からもらった解熱剤を使用。すると、ものの5分もしないうちに、熱はさがり、さっきの高熱で動けなかったルーシーはどこへ?その後夜寝るまでハイパー状態でゴハンもいつもどおりの量を食べて寝た。

が、おかしいな、と思ったのは顔色。青白い・・・あんなに熱があったのに!みちこさんの言うとおり、私も多少の熱は自然反応だから心配はないのだけど、この薬の効き方にはちょっと疑問があった。寝た後体温を計ると35度。低体温。これも悪いサインだ。でも、呼吸はしっかりしているし、寝れているのは良い事だとして、一晩が明けた。

朝は熱も引いたまま、機嫌も良く起きた。若干元気がないのはしかたない。ところが数時間もしないうちに、ぐずりだした。そのとき、手・足がとても冷たかった。ベットに連れて行くと吸い込まれるように眠りに落ちた。顔色は悪い。これも調べてわかったことだけど、微熱があるようで、手・足が冷たいときは急に熱が上がるサインだそう。こういうときは、暖かくして(毛布にくるむなど)熱全体を体に行き渡らせ、顔色が戻って、全身が熱で熱くなって来たら、今度は熱を逃がしてあげるべく、薄着にさせる、そうです。

その通りになりました。暖かくして寝かせたら1時間後には顔は真っ赤。手・足も熱い。ジュースを欲しがるので与えても、熱で辛いため、ぐったり。計ると39.9度。また出てしまった。
Peterはこの辛そうなルーシーを見て、「薬をあげよう」と言い張ったけど、今回は昨日のこともあったので、このお薬は使いたくない。で、もう身動きも取れないルーシーを寝かして、腿の付け根とわきの下にヒエピタを貼った。それからルーシーはまた眠りに落ちた。

その間、「緊急なとき」の指示を残して、外出。新居引越しが水曜日に迫ってきたけど、まだ何も揃ってないで買い物に。子どもが病気だとほんと、外出できない。これが普段の生活の中ならいいけど、うちは今ちょっと特別な状態。。。

行ったのは銀座と渋谷。銀座・京橋の日曜日って、空いてるー!銀座は平日より週末だな。渋谷はいつもどおり、変な若者ばっかりでうんざりだけど、ランチに美味しい「ユッケジャンうどん」を食べた。マミーは体力つけておかないとね。

買い物がすんで帰宅すると、熱も下がったルーシーは起きていた。もちろんまだ元気はいまいちないが、よい傾向。私の外出後、寝て起きたルーシーは、お昼を食べてまた寝たらしい。で、ちょうど起きた所だった。

私は、医者から処方される薬を否定しないけど、今回の解熱剤は不可解。明日、再診なのでDrに聞いて見よう。ロンドンでは、カルポル(パラセタモール)を飲ませていたけど、あれは良く効いていたと思う。若干睡眠を誘う作用がありそう。それは体を休めるためにもいいことだと私は思うけど、今回の解熱剤はハイパーになった。これは、本来は上がっているべき体温を無理やり下げた挙句、ハイパーにさせて、最悪だ。薬が切れたら、また熱があがって、体力消耗になりかねない。で、結局そうだったのだけど。

人によって効く薬とそうでない薬があるから、慎重に見極めないといけませんね。
[PR]
by lucyhana | 2005-11-07 00:14 | Lucy